*小さな巨人*world journey*

アジア→オセアニア→NZ留学→アフリカ→ヨーロッパ。最後の大陸、南米START!

148cm、小さな巨人が世界一周。
なーす辞めて弾丸1年‎。
2017-06-04-
India→Malaysia→Singapore→China→Mongol→China→Laos→Thailand→Myanmar→Srilanka→NZ→AUS→NZ(語学留学)→Namibia→Botswana→Zimbabwe→Terky→Egypt→Morocco→France→Germany→Iceland→Spain→Ecuador

3/12*Peru*リマ~ナスカ移動 By極上バス

今日はリマからナスカに移動日。
出発は14:00。約8時間の移動。
もはや8時間なんて鼻くそみたい。


バス会社は大手のCruz de Sur.
正規価格は90ソル(3000円)やけど、
サイトをスペイン語にしたら、
時々割引き価格が出てくる。


スペイン語は分からんから携帯自体の翻訳を
英語に変えると簡単に購入できて、
今回なんと、なんと!29ソル(900円)で購入。
5日前くらいに買って、
割引き価格あるなんてラッキーだわ。


①乗り換え場所
②バスターミナル


宿からCruzのバスターミナルまでは
ミニバンとバスを乗り継いで行かなダメで、
昨夜のような過ちを犯したくないと思っていたら
神様ダニエル様が乗り換えのバス停まで
一緒に行ってくれた。

ほんまに優しい。ダニエル。
払ったのはダニエルの行きの運賃15円のみ。
帰りの分渡すの忘れてたけど、
彼お金持ってたんかな。ごめん、ダニエル。
次のバスも運転手に確認してくれて、
にこやかにお別れ。
ダニエルの優しさはほんまに南米1ではないかと
思ってしまう。(南米2カ国目)
何歳?って聞いたら真顔で26歳って言われて、
後で訂正してた。
英語が苦手なところも可愛い。あ、46歳です。



次のバスでもおばあちゃんと、その娘さんが
私が行くバス停をめちゃめちゃ
周りの人に確認してくれて、
いや、ダニエルが運転手に聞いてくれてたし、
私maps.me持ってるから大丈夫やねんけど、
それをスペイン語で言えるわけもなく、
とりあえずグラシアース(ありがとう)って
言いまくっといた。
おばあちゃんは私のバックパックを
足元に押し込んで、肘置き代わりにしてた。
私が持ってるからね、大丈夫よ!ってたぶん
スペイン語で言うてた。可愛い。



バスターミナル前に何個か屋台あって、
セビーチェ売ってた。
屋台で生魚か~、いや~~



いただきます!
8ソルらしいけど、小銭6ソルしかなかったから、
小ぶりでいいから6ソル分くれって
ジェスチャーで言うてゲット。
セビーチェは普通お昼頃までしか
売ってないらしい。
生魚やし、痛むからなのか。
私が買ったの13:00くらいで、ほぼラスト。
カルパッチョみたいで屋台も激ウマ。
昨日レストランのセビーチェは25ソル。
今日は6ソル。味はほぼ一緒。
毎日屋台飯で生きていきたい。




バスターミナルはやはり大手だけにでかい。

飛行機みたいに荷物のチェックインカウンターがあって、そこでチケットを見せて荷物を預ける。
ネット購入やったから、
スクショみせたらいけた。

30分遅れでバスは発車。
900円の席ってどんな席やねんて不安で
2階に上がると、いやーおったまげ。



こんないい座席、日本でも乗ったことないわ。

足置きのレベルが高い、もはやソファやないかい
枕とブランケット着いてて爆睡。
Wi-Fiは、1番後ろの席やから遅めやけど、
LINEはできる程度は確保されている。



そしてごはんも出た。
カレーやと思ってウキウキで食べたら、
甘かった。なんやこれ。チキンの甘い煮込み。
900円でごはん、飲み物付いてたらもう
文句なんて一切ございません。

さようなら、危険地帯。
いつかあそこに行ってみたい。




22:00ナスカ着。
ホテルは「Nasca Lodge」
オーナーのお姉さん英語ペラペラで、
明日のナスカの地上絵のセスナも夜やったけど
予約してくれた。


ナスカの地上絵。
初セスナ機デビュー。ぐふふふふ。




世界一周にポチお願いします!

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。