*小さな巨人*world journey*

アジア→オセアニア→NZ留学→アフリカ→ヨーロッパ。最後の大陸、南米START!

148cm、小さな巨人が世界一周。
なーす辞めて弾丸1年‎。
2017-06-04-
India→Malaysia→Singapore→China→Mongol→China→Laos→Thailand→Myanmar→Srilanka→NZ→AUS→NZ(語学留学)→Namibia→Botswana→Zimbabwe→Terky→Egypt→Morocco→France→Germany→Iceland→Spain→Ecuador

4/7*Argentina*ついに、ペリトモレノ氷河上陸!


このために、わざわざ往復45000円の
フライトチケットを買い、


このために、ツアー代約35000円を
支払い、、、


全ては、このペリトモレノ氷河を歩くために。


7:30 宿にバスがピックアップ。
ミニトレッキングやなくて、BIG ICE!!
30人近く乗ってて、バスは満員。


アジア人私のみ。
ほんま日本人運がない。
だいたいツアー行くとアジア人1人。


1時間くらいでペリトモレノ氷河到着。
公園の入場くそ高い。3000円近くする。


3000円あったら、焼肉食べ放題行けるやん。







ドカーーーーン。
おはよう、氷河さん。初めまして!

迫力満点。


秋の紅葉もマッチして最高やないかい。





またバスに乗って、ボート乗り場へ。




ボートで30分くらい。
氷河を歩く出発点まで。

ボートから見ると、また迫力が違う。
かっけぇ~。




ボートから降りて、ちょっとした小屋まで
歩き、休憩したらいざ出発。



と、思ったら、
BIG ICEまで、まさかの山道を永遠登る。

これがまたキツイ。
てかガイドが歩くんくそ早い。
みんな欧米人ででかいし、
私の足の長さは、まぁ考慮なんてされない訳で。



必死のパッチでみんなの後を追いかける。



寒いって聞いてたから、
ヒートテック2枚に半袖、パーカー、
ウルトラダウン、マフラーの史上最高の防寒で
挑んだけど、
気づいたらヒートテック2枚と半袖だけに
なってた。
鬼くそ暑いわ。
お天道様ガンガンやがな!


汗だくで登ること何km?
競歩かってくらい早歩きして、すでに、脚、棒。



ちょっと開けたとこで、
アイスの上歩くための専用のやつを、
1人ずつサイズ測ってもらう。

こやって靴の下に付けて歩く。
これの大切さは、ここではまだ全然気付かず。




ついにBIG ICE様の上を歩く時がキタ━(゜∀゜)━!
(アジア人1人のため、静かに興奮。)


氷河の上を歩く。




いや、歩くなんて間違ってた。
氷河を削って無理やり足場作って、
登るわ、飛び越えるわ、またぐわ、
転がり落ちるわ、、、、。
なんの訓練やねん、ってくらい、過酷やった。
これは確かに年齢制限(15~50歳)ありますわな。



落ちたら、2度と帰ってこれない崖を
登らされるは、
傾斜えぐい氷河を下ろされるわ、
わしらはドエム軍団かい。



それでもあたり一面氷河、絶景。


ここで昼飯食うた。
氷河の上で食べるリンゴは、
冷たいリンゴやった。


氷河って一概に言っても、
いろんな氷河の形があって、
場所によって形も色もなんとなく違って、
凄かった。
いやー凄かったとしか言いようがない。






帰りに洞窟寄って帰宅。



結局7時間くらいほぼ歩いてた気がする。
つっかれた~。


ボートの中でみんなでウイスキー。
この氷は氷河の氷らしい。
だからウイスキーの安さは関係ない、
氷が重要なんやってガイドが言うてた。
ウイスキーだけで飲んだのなんて
ほぼお初やったけど、
いやーくそまずいな。
お菓子のボンボンチョコレートばっか食うてた。



ミニトレッキングでは貰えない、
BIG ICE限定のキーホルダーもゲット。


嬉しいよーん。


過酷やったけど、あっとゆーまに終わった。
友だちと一緒やったらもっと楽しかったん
やろーけど、一人旅ほぼ最後の思い出として。


明日ブエノスアイレス経由で、
明後日サンティアゴ。
そっからは誰かしらと一緒に行動する
機会が増える。
ガッツリ一人旅も、もー終わりかー。


日本帰ったら1人焼肉なんてもう
ハナクソ並に楽勝やな。




世界一周にポチお願いします!




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。