*小さな巨人*world journey*

アジア→オセアニア→NZ留学→アフリカ→ヨーロッパ。最後の大陸、南米START!

148cm、小さな巨人が世界一周。
なーす辞めて弾丸1年‎。
2017-06-04-
India→Malaysia→Singapore→China→Mongol→China→Laos→Thailand→Myanmar→Srilanka→NZ→AUS→NZ(語学留学)→Namibia→Botswana→Zimbabwe→Terky→Egypt→Morocco→France→Germany→Iceland→Spain→Ecuador

5/15*Cuba*最後の国キューバ!



タイトル通り、最後の国にいっきまーす。
帰国日を10日間早めました。


理由
①皮膚がやばい。
ブヨにやられた腕は2ヶ月間治らず、
2ヶ月間痒みと戦い、病院にも3回行ったけど、
それでも治らない。
そして足も背中もいろんな虫にやられて、
もう全身痒い。耐えられない。
ストレスフルすぎて死ぬ。
②金がほぼない。


ってことでアメリカは将来ゆかりと
2ヶ月かけてキャンピングカーで1周することに
なりました。
そのためアメリカスキップで、帰国っす。
ってゆってもアメリカ経由で日本帰国やから、
アメリカには寄ってしまう。
そしてロサンゼルスでトランジットやから、
ある目標を2人で決めて今コツコツコツコツ、
コツコツコッツコツ頑張っている最中。



そんなこんなで15日早朝、
空港行きのバスターミナルに向かうべく、
出発したら、タクシーのおっさんに捕まり、
バスよりたった200円多く払うだけで
空港まで連れてってくれるって言われたから、
メキシコペソも余ってたし使うことに。
予定よりだいぶ早く空港着けてしまった。



からの、すでに購入してたマイアミ→ラスベガスの飛行機をキャンセルするため、
アメリカンエアラインのカウンターへ。
結局キャンセルはできるけど
お金は返金されへんと。
いろいろ悩んだけど、やっぱりこの状態で
アメリカを思いっきり楽しめるとは、
思えへんかったから、帰国しよって
なったんだわな。


18000円さようなら。


キューバの首都ハバナまでは、
カンクンからたったの1時間。


チェックイン時に、メキシコ入国の時に
貰った紙に、スタンプ貰いに行けって
カウンターのおばちゃんに言われ、
端っこのよー分からんとこに行かされる。

スタンプ押されて、アディオスっておばちゃんに
言われる。
お金とか払わされんかった、よかった〜。


そしてキューバ行くのにまさかのイミグレなし。
なぜ?メキシコとキューバってどんな関係や。
EUみたいに同盟組んでるとか?
調べることはせず、想像を膨らませようと思う。





そのままラウンジへ。
久しぶりのサラダに大興奮。

4皿を2回もおかわりしてもーた。
バナナとリンゴを、おこぼれに頂く。
(カバンの中へ)


ラウンジでゆっくりしすぎて、
ゲート行ったら、めっちゃかっこいい感じ、
「MAAAHOO SAINOOOKI!!!!」って
呼ばれててかなり興奮。
でもまだブログの更新できてなくて、
ゆかりもハバナからロス行きの飛行機
買ってるとこやってWiFi必要やったから、
ゆっくり飛行機に向かおうとしたら、
みんなにはよ行けって言われる。
へへへへっっとか言いながら、
ゆっくり飛行機へ。


まだ出発まで30分以上あるのに。
結局飛行機乗ってからも全然出発しなんだ。




一瞬でハバナ到着。





到着はターミナル3。
まずターミナル3のATMでCUCを引き出す。

キューバはお金が2種類あって、
観光客はCUC、地元民はCUP(ペソ)を使う。
CUCはほぼ米ドルと同じ価値。
CUPは単位がでかい。
1CUC=25ペソ。
市内までのローカルバスが1人0.5ペソやから、
CUCやったら払えないため、
CUCからペソへの両替えが必要。
ほんでもってターミナル3やったら、
その両替えはできんと言われ、
市内行きのバスも、
ターミナル2からしか出てない。


まずはターミナル2に移動せなあかんため、
シャトルバスを待つがまったく来ない。
タクシーの勧誘を断るのも疲れたから、
ターミナル2まで2km歩くことに。
途中でヒッチハイク頑張ったけど、
誰も乗っけてくれへんかった。
おかげで真昼間に35度のハバナを歩き、
汗だくでターミナル2に到着。
1CUCだけペソに両替え完了。


インフォメーションのおばちゃんに、
宿までの行き方を聞いて、
ターミナル2からさらにまた1kmちょい歩いて、
市内行きのバスストップへ。



暑すぎる+水ないで、もはや私は
ゴボウのように干からびていた。


ほんでもってキューバの車は、全部古いから、
排気ガスがもはや殺人級。
排気ガスに包まれながらバスを待ち、
よーやく来たバスもクーラーなしの窓全開。
排気ガスにより一層包まれながら、
バスは1時間急発進と急停車を繰り返しながら
ハバナの街へ。




終点まで乗ってそっから歩いて、
よーやく宿到着。

旧市街と新市街の間くらいにある、
かなりハバナ感をジワジワ感じれそうな
立地にあるお宿。
部屋は綺麗でクーラーあるし快適。
これで1人1000円は安い。





とりあえずゴボウの身体をキュウリにするために
水探しに行くけど、スーパーがどこにもない。
ここ首都やのにやばいやろ。
やっと見つけた、ちっさい売店は、
9分前に閉店してて、
懇願したけど入れてくれへんかった。
なんて冷酷卑劣なやつらだ。
たった9分やぞ。
10分ちゃうぞ、こら。


結局だいぶ探し回っていろんな人に
水って叫びながら歩いてよーやく
見つけた店では冷たい水がラスト1。


優しいゆかりはぬるっぬるの水を買って、
わしは隣で冷たい水を一気飲み。




疲れ果てて帰宅。





今日から帰国までずっとハバナで過ごします。
もうどこかに行く金もないし、
しんどいから2人でゆっくりしよって
決めましてん。





ハバナで1週間ゆっくりする。
これを目標に来週までいってみよーう。




世界一周にポチお願いします!





×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。