*小さな巨人*world journey*

アジア→オセアニア→NZ留学→アフリカ→ヨーロッパ。最後の大陸、南米START!

148cm、小さな巨人が世界一周。
なーす辞めて弾丸1年‎。
2017-06-04-
India→Malaysia→Singapore→China→Mongol→China→Laos→Thailand→Myanmar→Srilanka→NZ→AUS→NZ(語学留学)→Namibia→Botswana→Zimbabwe→Terky→Egypt→Morocco→France→Germany→Iceland→Spain→Ecuador

5/3*Brazil*コルコバード奇跡の再会、そしてお別れ


はい、朝です。
曇りまくってます。
完全に日頃の行いが悪いせいでしょう。


奇跡を信じてコルコバードに向かう。
コルコバードの最寄りの駅までメトロで出て、
そっからバスでコルコバード行きの
山岳鉄道の駅に行く。
まぁまぁ行くのめんどくさい。



山岳鉄道駅の近くにある教会をチラ見。



そして駅へ。


係員に言われる。
「今行っても曇ってて、
何も見えませんけどいいですか?」


真面目に悩む。
ものすんごい真剣に悩む。
だってコルコバードの丘までの電車、
往復2000円もするんだもの。
金銭事情でしか私は悩まない。
そして決断。
一旦他の観光して、晴れるのを待ってまた
戻ってこよう!
その15分後、作戦変更。
行きましょう、今すぐに。


この山岳鉄道に乗って山を登った先に
キリスト像が住んでおる。


世界の車窓からをお届けいたします。

唯一撮った写真が、まんなか電柱入った。
なげき〜。


30分くらいで到着。

思ったよりずっとでかい。
そしてあーちゃんの足が長い。


青空みえた。奇跡。




奇跡は起きた。
エレベーター登ってたら、急に叫ばれて、
横をみたら、、、、







まさかのアマゾンで一緒やったドイツ人軍団が!
こんな奇跡があるのだろうか!
あん時、一旦ここを諦めて駅から出て、
おやつかじって、やっぱり行こうってなって
電車に乗ったから、この場所で会えた。
あのロスがあって良かった〜
またみんなに会えて、
みんなのパンパンに膨れたビールっ腹を
叩けて、まじで最高に嬉しかったっす!


誰一人連絡先は知らんけど、
こーして何回も偶然出会えることが
旅の醍醐味の1つやな〜。

集合写真撮るのに、キリスト像入れようと
ドイツ人おばちゃんが必死になっている。
陽気で笑顔が素敵な人らっした。お元気で!



まったく曇って見えへんと言われた景色も、
この時だけちょっと晴れて。

快晴ではなかったけど、やぱ行って良かったです。
昨日の残りのドライカレーと、
フィラデルフィア巻き寿司を持参。
キリスト像ピクニック。
楽しかったー。




お次は最近出来たっぽい、
museum of tomorrowへ。

博物館は海沿いにある。
リオの少年達。ちょーどジャンプの瞬間撮れた。

いやー、かまぼこかい。



入場料は20レアル(650円)

未来・地球・科学みたいなテーマな気がする。
なんせ渡された、いろいろ情報が見れるカードが
私だけポルトガル語でまったく理解できず。
すべてフィーリングで感じとるしかない、
なんて博物館だ。

かなり個性的な空間で、
なんも理解できんけど、みてるだけで
面白かった。
けっこう迫力ある動画がプラネタリウムみたいに
みれるブースがあって、そこはかなり
すごかった。
ここは入る価値あると思う。
でもカードはちゃんと英語バージョンを
受け取ろう!


外出たらもう夕方。

夕日が綺麗でうっとり。女子か。


反対っかわも、やっぱりかまぼこやった。



暗くなる前に急いで家に帰る。
結局駅着いたら真っ暗で、
2人で走って無事帰宅。
カミーラ心配してるかなーって思ったけど、
帰ったら映画みて笑ってた。



ジョナサンも早く帰ってきたから、
みんなでブラジル料理食べに行くことに。

ブラジルの有名な食べ物。
フェジュアータみたいな名前。
これはフェジュアータのスープバージョン。
豆と塩とベーコンを煮たやつ。
濃厚で美味しかった〜。見た目はグロッキー。




ジョナサンがゴリラにしか見えへん。

カーラがまた、ポーズ出来てない〜って
いじけ出す。

完璧です。

完璧です。

カミーラ、ごっつ悪い顔してる〜。
ジョナサンは相変わらず、ゴリラです。

2人とはここでお別れ。
一応2025年にみんなで日本に
旅行する予定らしい。
どんだけ先やねんって、もちろんツッコミは
前日に終わらしている。
2人はYouTubeで和菓子作ってる動画とか
投稿してるくらい日本を愛している。
いやー嬉しい限りです。
また必ず会いましょう!



家に荷物取りに帰って、
カミーラのお兄がまた車で迎えに来てくれて、
ジョナサン、カミーラ、カミーラお兄で、
バスターミナルまでお見送り。
何から何までほんまにほんまにありがたい。


ターミナルの中までジョナサンが一緒に
入ってくれて、外にいる明らかやばいやろって
連中にも捕まることなく、
無事バスにも乗れました。



この御恩は一生忘れません。
こんなにリオで楽しい3日間を過ごせるとは
思ってなかった。
ご飯もほぼほぼ奢りで、もう土下座しても、
まだ地面を掘らなあかんくらい、感謝しています。
これくらいの文章を英語でスラスラ言えるように
なって、みんなを日本で待ってます!




お世話になりました!





そして夜行バスで最後のブラジル、サンパウロへ




世界一周にポチお願いします!




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。