*小さな巨人*world journey*

アジア→オセアニア→NZ留学→アフリカ→ヨーロッパ。最後の大陸、南米START!

148cm、小さな巨人が世界一周。
なーす辞めて弾丸1年‎。
2017-06-04-
India→Malaysia→Singapore→China→Mongol→China→Laos→Thailand→Myanmar→Srilanka→NZ→AUS→NZ(語学留学)→Namibia→Botswana→Zimbabwe→Terky→Egypt→Morocco→France→Germany→Iceland→Spain→Ecuador

4/29*Brazil*アマゾンからの生還


ハプニング①



4:00am
リオンに起こされる。
「雨が降るから陸に行くぞ。」


「、、、、、。覚醒!!!」



あーーーーーーー今雨季!!
いや知ってたやん。毎晩夜、雨降ってたやん。
なんでーーーーーーーー。
外でハンモックーーーーーーー。
屋根なしーーーーーーーー。



リオンに言われて急いでハンモックから
ボートに移動。
リオンがハンモックを片付けてる間に大雨。
どっっっっしゃぶりになりながら
急いでボート漕いで陸に向かう。
前もって作ってたブルーシートの屋根の中に
荷物を運び入れ、
ハンモック1個だけ吊って、3人で上手いこと
座って雨を凌ぐ。


寒い、そして真っ暗、恐怖。
足元には恐らくクソでかいアリ軍団。
足をリオンの太ももの上に置いて寝る。



気づいたらあんなギューギューの空間で
爆睡してた。
起きたら朝日登ってて明るなってた。
びびる〜。自分のアマゾンへの敵応力よ。


リオンが果物切って、
オールの上に並べてくれてた。
いやお前デキる男かよ。


土砂降りの雨もリオンは音で感じ取ったらしい。
まじすげぇ。
どんな微かな音も見逃さない。
私らには分からへん微かな音で、
1km先の猿を見つけれる。


だんだんリオンってすげぇ男やと気づき出す。
あ、ちなみにバツイチです。
ツアー客に手出して、結婚して可愛い
オランダ人のハーフの娘あり。
そして今は新しい彼女ゲットして、
ただ今絶賛妊娠4ヶ月でありまーす。
そんな話をチキンを貪りながら、
火を囲んで話した昨日の夜がもはや懐かしい。




雨も止み、ボートに乗ってまた散策へ。


ハプニング②


散策開始後、
土砂降りの雨再来。
大粒も大粒。前がもはや見えない。
オンボロのボートはほぼ浸水しかけ。
リオンはもう宿に戻ろうと言い、
ボートに取り付けてたエンジンをかける。


ちょっとしてエンジン止まる。
何回かエンジンかけようとして、
最終エンジンの紐切れた。
リオンが後ろで
「Ohhhhhhh!!!! Fuck!!!!!!」みたいなことを叫ぶ。
私はもう叫ぶ元気すらなく、
いやむしろメガネが雨で濡れすぎて前が
何も見えず、ただの光浦靖子状態。


そっからオールでただひたすらに
ボートを漕ぎ続け、あーちゃんはボートに
入ってくる水を必死で掻き出し、
それはそれは恐ろしい時間を過ごしたわけです。


行きはエンジン使ってきた道を、
ただひたすらにオールだけで進むって、
罰ゲームにもほどがある。


だいぶ経ってから雨も止んで、
リオンがまた森林の中に入っていく。
いやいやもうまじで帰ろーやーって言うてたら、
猿探してくれてた。


そして無事猿もみれて、
途中でオールを拾い、仲良く3人で
オール漕いで、生還!!!!





そして、命からがら生還したのに、
昼飯見た瞬間全部忘れて食いつく。

幸せそうな顔よ。
後ろにはいつものドイツ人軍団。



リオンに感謝を込めて、ポーズとったのに、
リオンもおんなじポーズしてた。
そこはそーゆー気遣いいらんやつやん。
一瞬でハンモックを取り付け、
一瞬で湿った枝を着火させ、
動物の鳴き声をマネしておびき寄せ、
微かな音を感じ取るその五感。
サバイバルの達人とはこのことか。
いやーこいつはすげぇ。
女癖悪くても許す!




そーこーしてるうちに、マナウスに帰る時間に。

イタリア人家族のお母さんを先頭に、
マナウスへ帰還。

高校生とは思えない美女、娘2人。
と、小学生なみにはしゃぐ、おばはん2人。




ボート、車を乗り継いで、夕方よーやく
マナウスの宿に帰還。



そしてイタリア人家族がオペラ見に行くって
情報をゲット。
私らも劇場に行ってみる。

1800年代にできたとは思えない。
ピンク色が可愛い。


まさかの当日チケット700円くらいでゲット
できてしまった。
行ってみるもんだな〜。

劇場の前の教会もライトラップ。



時間になって入場。
みんな正装してる中、私はいつもの、
しかもこんな日に限ってブラトップにビーサン。
それでも入場できてしまったー。

係員に案内される。


人生初オペラがまさかのブラジル、
しかもアマゾンだなんて。




イケメン特集。
①チェロのイケメン


②チェロのイケメンNo.2


③カメラマン



オペラは2時間ちょいで、
最後カーテンコールの拍手で目醒めた。
いい眠りでしたね。


帰りは夜遅かったから、
あーちゃんと走って帰宅。



いやー土砂降りの中オールを漕いで
生還したのが昼前。
夜にはオペラ見てるって、どんな1日や。


濃すぎて濃すぎて、すんごい濃かった最強の
アマゾンツアー、本日終了。



明日はゆっくり観光して夜中の便で
リオにビューーーーン。



世界一周にポチお願いします!



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。