*小さな巨人*world journey*

アジア→オセアニア→NZ留学→アフリカ→ヨーロッパ。最後の大陸、南米START!

148cm、小さな巨人が世界一周。
なーす辞めて弾丸1年‎。
2017-06-04-
India→Malaysia→Singapore→China→Mongol→China→Laos→Thailand→Myanmar→Srilanka→NZ→AUS→NZ(語学留学)→Namibia→Botswana→Zimbabwe→Terky→Egypt→Morocco→France→Germany→Iceland→Spain→Ecuador

3/9*Ecuador*国際線のラウンジが神だった。そしてペルーへGO

早朝にラウンジを出て、永遠ダラダラして
夜のリマ行きまで時間を潰す。
世界史の教科書、
やっと近代のヨーロッパまで来た。
もうなんとか3世とか、なんとか大帝とか疲れた。

私の世界史の教科書は、見事にただのエロ本と
化している。
主に近藤志帆と酒井玲奈の仕業であろう。


でもヨーロッパとかアフリカで見た
歴史的建造物が教科書に出てきて、
こんな歴史的背景の中で造られたんかって、
1人で感動して、飽きて、
またラウンジ行って、寝て。


チェックインした後、国際線のラウンジ直行したけど、国内線のラウンジとレベル違いすぎて
おったまげた。


くそでかいし、バーあるし、
ごはん系揃いまくってるし1人でずっと
やべぇ言いながら、ニヤニヤしながら
何回もごはん取りにいった。

気づいたら5皿分もごはん取ってて、
隣のお兄さんも苦笑い。
寿司があることに感動した。
インスタントの味噌汁バックパックの中に
入ってたから持ってきたら良かった~って
思ったけど、まぁそんなことさすがのわしでも
できんわな。



久しぶりに夜発の飛行機乗ったけど、
夜景綺麗すぎてびびる。
治安の悪いキトも、空からみたら綺麗でしたね。
隣のおじい5人組もガラパゴス行ってたらしいけど毎日釣りだけしてたらしい。
御年76歳。腕の筋肉ムキムキやった。
釣りで鍛えられてる感がすごい。



2時間半で23:00、リマ到着。
宿のおじさんが迎えに来てくれる予定やったけど
どこ探しても見当たらない。
英語話せるおばちゃんに偶然出会って、
宿に電話してくれて、
おじさん1日到着勘違いしてたらしく
そっから迎えに来てくれた。
ピックアップ代とかなくて、流しのタクシーを
現地人価格で払っただけ。
10ソル(約300円)、ダニエル優しい。



宿着いたのは0時過ぎ。
部屋も数時間だけやけど空いてなかったらしく、
簡易のベッド作ってくれてそこで寝ることに。
でもその後ほんまはドミ予約してたのに、
セミダブルの個室入れてくれた。
ありがとう、ダニエル。
ものすごく清潔感のないおじさんやけど、
ロン毛やし、チリチリやし、シャツ穴空いてるし、でも人は見た目で判断してはいけないと
ダニエルをみて学びます。


明日はリマ観光でもするかな~




世界一周にポチお願いします!




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。