*小さな巨人*world journey*

アジア放浪後、オセアニアへ。大好きなNZで2ヶ月の語学留学を終え、ついにアフリカ旅が幕を開ける!

148cm、小さな巨人が世界一周。
なーす辞めて弾丸1年‎。現在オセアニア~
2017-06-04-
India→Malaysia→Singapore→China→Mongol→China→Laos→Thailand→Myanmar→Srilanka→NZ→AUS→NZ(語学留学)→Namibia→Botswana→Zimbabwe

1/24*Egypt*ピラミッド来た、エジプト嫌いなった



宿の近くのアタバって駅から
ギザまでメトロで向かう。2P 12円

ギザからは適当にピラミッド~!!!
とか言うて叫んでたらバスが見つかる。
宿の人に、キザの駅降りたら95%親子連れの
客引きに会うって情報を得ていた。
親子で話しかけてきて、一緒にバス乗って、
ラクダと馬乗れるとこに連れてかれて、
お金払わされちゃうってやつ。
ギザ降りた瞬間に、男の子連れた親子が
話しかけてきた。
「今からピラミッド行くのかい?
僕らも行くんだい!一緒に行こう。
着いておいで!」
おおおおおぉぉぉおおお、まさに。キタ━!
これは面白い、着いてこ。
「動物に乗れる入口と歩いていく入口があるけどどっちから行くんだい?
僕らは動物の方に行くよ!」



「私は歩いていくよ!」



「そうかい!じゃあバスの乗り場はあっちだ!
気をつけて、ぐっばい!」
、、、、、。終わった。
普通に終わった。
あっけな~。
上手いこといいように丸め込まれて
連れてかれると思ったけど終わった。




ミニバンからピラミッドが見え始めたくらいで
降ろされて、またすぐおっさんが話しかけてくる。
ここらへんから、ちょっと自分の中でイライラが
芽生え出す。
いらん言うてんのに、ラクダ乗れって何回も
言うてくる。
ってかまずバスの中に水忘れてきたショックで
私それどころじゃない。
その後も別のおっさん来て、入口案内する
言うから着いて行ったら
キタキタ、ラクダ乗り場。
私は歩いていくゲートに行きたいって
何回も言うた。


もう頭の糸1本切れた。
「お前らは嘘ばっかりつく。
私は歩いて行くゲートって言うた。
いらん言うてんのに何回も何回も
ラクダラクダって私はデカイ動物が嫌いって言うてるやろが。
エジプト人、エジプトも大っ嫌いや。
お前は日本に来るな!!!」ってゆーのを
オブラートに包んで、でも顔面は
怒り満点で訴えた。
ピラミッド入る前から疲れ果てた。
その後もラクダ乗れ、ラクダ乗れって、
何人も言うてきて、チャイニーズチャイニーズって
もう腹たち過ぎて、言ってはいけない暴言を
日本語で撒き散らしながら歩いた。
こんな腹たった国、初めてや。
生理前やからとかじゃない、生理中や!
もうほんまに嫌いや。
静かにピラミッドを回らせろ。

クフ王の1番デカイ、ピラミッド




ラクダ嫌い



ラクダもきっと人間嫌い。寝た。

ここちっさいからみんな登ってた




1人の兄ちゃんが、いらん言うてんのに
永遠後ろからラクダ連れて歩いてくるから、
10P(60円)なら乗るって言うたら、
しぶしぶで、OKとか言い出した。
観光客値段100Pくらいらしい。こいつアホやん。

乗ってる間も、
私は3大ピラミッドさえ見れたらいいって
言うてんのに、200Pで全部回るって、
もう何回言われたか。
お前らの記憶力は30秒しかもたんのか。
それとも私が断ってるのが分からんのか。
NOが聞き取れへんのか。くそか!!!
ボディタッチもくそ多い。
病院でおじいにケツ触られてもどーって
ことなかったのに、こいつはキモすぎた。
イケメンなのにキモイ、触り方がリアル。
パンツを掴むな、密着するな。
頼むからラクダから1回落ちてくれ。
あーーーーーもうあかん、エジプト無理や。
セクハラです、セクシャルハラスメントですって
20回は言うた。それでも止まらなかった。
最後は10P相手にたたきつけて、お別れした。
ほんまにキモかった。

頭になんか巻かれた。


でも写真見返す限りなぜか楽しそう。
あー無理や、無理。




このラクダが可哀想や。
もっといい飼い主、見つけろよ~。
ラクダの寿命は25年くらいらしい。
こいつ20歳らしい、もう予後楽しませてやれよ。

ピラミッドの周りはほんまに、
ただの都会やった



地元民はみんな写真撮ろ~とか言って
普通にええやつやのにな~。


1人でこんなことまでし始めて、
もうピラミッドってなんなんだ!墓だ!


かの有名なスフィンクス

ハゲてた。ヒゲあったらしい。
イギリスかフランスかそこらへんに
取られたらしい。
なんの追いかけっこや。

夕日みたくて、前のケンタで粘ったけど、
やっぱり曇りでまったく見えず、帰還。



私のエジプトの思い出は全てエジプト人に
よって崩壊した。
唯一優しかったのは、メトロの中で
行き方教えてくれた
日本語話せるおじさんと、
帰り道、キザの駅行きのミニバンを
一緒に探してくれたおじいと、
電車の中で話しかけてくれたお姉さんくらい。
けっこうおんな、実は。
ありがとう、おじいたち。
あなたたちは私の希望です。
エジプトの希望です。
独断と偏見のみのブログができた気がする。


あー疲れた。夜行バスでルクソール、、、。
誰にも話しかけられず静かに過ごせますように。



世界一周にポチお願いします!



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。