*小さな巨人*world journey*

アジア→オセアニア→NZ留学→アフリカ→ヨーロッパ。最後の大陸、南米START!

148cm、小さな巨人が世界一周。
なーす辞めて弾丸1年‎。
2017-06-04-
India→Malaysia→Singapore→China→Mongol→China→Laos→Thailand→Myanmar→Srilanka→NZ→AUS→NZ(語学留学)→Namibia→Botswana→Zimbabwe→Terky→Egypt→Morocco→France→Germany→Iceland→Spain→Ecuador

1/14~15*Turkey*チャイを5杯飲んだ日(無料)

1/14
トルコ初日は雨。雨女さいのき再び。
何もする気が起きず、ほぼ宿に引きこもる。
昼からカメラをカメラショップに持っていく。
今日は日曜日だから直せない、明日持ってこいと
追い返される。
でも直してくれることが分かって、
一安心。やっと私の相棒が直る。
今君の存在価値は、彼氏よりも大事だよ。
彼氏いないけどね。


宿一緒のトルコに鬼詳しくて、
最近彼女(22歳)ができてウハウハの、
お兄さんとおじさんの間くらいの立ち位置、
まささん(34歳)が
イスタンブールを案内してくれた。
とりあえず彼女できてウハウハやから
何言っても許してくれると思う。たぶん。
美味しいケバブ食べれてしあわへ~。



1/15
最高の夜明け!


アゴラゲストハウスの朝食。

鬼豪華。

ヨーグルト、ジャム、パウンドケーキ手作り。
毎日ハムとオリーブとチーズとフルーツと野菜
食べれる、しあわへの塊。


朝から今日は行動、朝日がすこぶる気持ちいい。
カメラを預けた後、SIMカードを買いに行くが、
4000円とかして、ふざけんなコノヤロウで
買えなかった。
郵便局行って、テレフォンカード買ったけど、
どんだけ使い方聞いて試しても、
電話かからず。
クレジットカードの再発行の電話は本人で
なければならないらしい。じゃまくっっっさ。


おっさん何人にも聴いたけど、誰も分からず。
違う郵便局まで歩くが、まず誰も
英語話せず、てんてこまい。てんてこまい。
諦めて、イスタンブール名物のバザールへ。
でも観光客に有名なバザールは
安いと見せかけてまったく安くなくて、
観光客値段になってるって昨日まささんから
聞いたため、地元の人が行くバザールへ。



のつもりが道に迷ってまったく着かない。
3時間くらい放浪する。


疲れて果てて、黒猫に1人で話しかけてた。
相当やばい。
なのにこのジジちゃん、店主には
抱かれるのに、私が抱いたら、
明らかに前足で私を蹴ってくる。
君まで私を慰めてくれないのか!

悲しいし、歩き疲れて、ベンチでパシャリ。

道端でトウモロコシめっちゃ売ってる。

栗もめっちゃ売ってる(カメラ目線、ドヤ顔)
諦めかけたその時


この広場、昨日みた。絶対みた。
こっから安いバザール行ったはずや!って
なって、3時間以上かかってやっと目的の
バザール到着。

甘いお菓子のお店がところ狭しと並ぶ。
みんな味見させてくれるから、
それだけで腹が膨れる。




トルコランプ買ってしまった~。
くそ可愛い。値切りまくって1個1000円くらい。
もっと値切りたかったけど、でも満足。
日本で買ったら1個5000円はするはず。
お店の兄ちゃんがチャイ頼んでくれた。
トルコはチャイ頼んだら、
チャイ屋さんが、配達に来てくれるらしい。
あえて配達のおじいとパシャリ。
なんか可愛かった。


その後も至るところで味見して、
そのまま店員にまざって、一緒に
チャイ飲んで(無論タダ)、店員に
なりきって、店番するみたいなことを
3件くらいしてたら時間すぐなくなる事件。


カメラ取りに行ったらあと1時間待ってくれ
言われ、私のカメラは無残にも
バラバラ殺人事件に。


その後このじいさんと遅めの昼ごはん。

朝ブルーモスクの横で出会う。
日本語堪能、翻訳の仕事をしていたらしい。
日本には10回以上行ったことあるらしい。
普通にええじじい。
せっかくトルコに来たなら、カッパドキア
行くべきだと諭され、
ツアー会社に連れてってもらう。
一旦保留にして、宿に帰ろうしたら
若い兄ちゃん2人にモスクの前で捕まり、
長々くだらん話をする。
「ユニクロはいいね、ユニクロユニクロ」
みたいな事言うてた気がする。
とりあえず、日本人verでこいつらを
変換すると、中二病かな。


隣にいたお姉さんとお姉さんのお母さんに
写真頼まれて撮ってから、カッパドキアツアーの
話したら、その場で携帯で調べてくれて、
めちゃめちゃ優しい親子やった。
お姉さんが必死で調べてくれるから、
お母さん飽きてもーて途中どっか消えたから、
2人で爆笑。

その後中二病の2人も安いツアー会社紹介
してくれるって言うから着いていく。
デートしてます風写メ。


ツアー会社のボス。ええおっさん。
まさかのお昼ご飯一緒に食べたおじいの
写真みせたら、地元一緒で友だちやったらしい。
いやいや世間狭すぎ。
よろしく言っといて、とか言われて、
いや私あなたたちと今日初対面なんすけど。
なぜ私が仲介役をしているのか。


ツアー代金もかなり安くて、とりあえず保留。
みんなと別れた後、
またおじい、ツアー会社の兄ちゃんとお茶。
バイバイして、やっと帰れるってなって、
歩いてたら、最後の最後にまた変なお兄に
捕まり、そのままそいつのお店兼自宅へ。

左のやつ。
こいつのおじさんがイスタンブールで
何件もお店持ってて、日本にも店出してたらしく、
日本語ペラペラ。
岡田准一と西川史子との2ショットまであって、
ほんまにすごいやつやと気づく。


この奥の人、オーラからして違うかった。
このスーパースターの格言集。
①大阪の飲み屋はほとんど知っている。
②東京で1杯飲んでそのままお金払わんくても
いいお店が20件ある。
③恋愛に年齢は関係ない。
(元カノは20歳、しかもJapanese)
④日本の男の精神年齢は低いが、
トルコの男の精神年齢はちゃんと年齢相当。
その他ビール飲みながら、恋愛について
熱く語り出したスーパースターだが、
バツイチだった。
イマイチグッと来るものも感じなかったな、
このおっさん。
でもカッパドキアツアーのこと話したら、
知り合いのツアー会社の人に聞いてくれて、
破格の値段で交渉してくれた。
明日ツアー会社直接行ってみるつもり。
いや~今日は濃すぎた。



忘れていたが、カメラも無事生還。
3時間かかった。修理費9000円くらい。
高いか安いか分からんけど、
買い直したら8万はするから、それ考えたらよし。
記念の1枚目はカメラを直してくれた
スーパーカメラ修理おじさんと。
とりあえず砂とゴミだらけだったよって
言われた。
そらそーでしょう、ゴミだらけの国と
砂だらけの国行ってたんやから。
カメラが戻って嬉しすぎて~。


夕方のモスク~。


夕方のアヤソフィア~。


夜のモスク~。


Goooood night~。



世界一周にポチお願いします!

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。