*小さな巨人*world journey*

アジア→オセアニア→NZ留学→アフリカ→ヨーロッパ。最後の大陸、南米START!

148cm、小さな巨人が世界一周。
なーす辞めて弾丸1年‎。
2017-06-04-
India→Malaysia→Singapore→China→Mongol→China→Laos→Thailand→Myanmar→Srilanka→NZ→AUS→NZ(語学留学)→Namibia→Botswana→Zimbabwe→Terky→Egypt→Morocco→France→Germany→Iceland→Spain→Ecuador

1/8*Zimbabwe*グレートジンバブエのすごさ、みんな知らんやろ!



いざグレートジンバブエへ行かんとす。
6:00起床。
Pic'n payみたいな名前のスーパーの前から
グレートジンバブエ行きの車が出てると
宿のお姉が教えてくれた。
バンかと思ったら、普通の日本車でしかも
4人乗りを改造して6人乗りにしたやつに
11人乗った。どんだけ乗せんねん。
日本で何人乗りとかちゃんと守ってたの
あほらしくなりますね。
オーバーしたら車壊れると思ってたけど、
全然壊れへんし、なんなら100km/hオーバーで
走ってらっしゃった。

30分くらいでグレートジンバブエの
手前の道に着いて、
そっからグレートジンバブエホテルを通り過ぎて
歩き続ける。

レセプションで入場料$15を払う。
現金なくて半泣きやったけど、カード使えた神。


グレートジンバブエは大きく3つ
に分かれてるみたいで
1個ずつまわる、歩く、まわる、歩く、疲れる、
やる気なくすってパターンがいつもの私だったが、
なんか分からんけど
グレートジンバブエめちゃくそ
おもろくて、私の心を鷲掴みしてきた。


「The hill」





掃除のおっちゃんがいろいろ案内してくれて
自分だけじゃ気づかんかったとこもみれて良き。


金取ろうとせんとこが
ジンバブエのええとこだな~。
インドは頼んでないのに案内して金取ろうと
してくるからな。
そこもインドの可愛いとこやけど。

「The balley」


小さい壁がいろんなとこに点在してる。
ここはそんなおもんない。
変なトカゲいっぱいいたからそれ見て
1人で楽しんでた。
孤独な遊びを満喫。
「Great Enclosure」



くそでかい石畳の競技場みたいなとこ。
中入ったらお兄(掃除の人)がポツンて座ってて、
それがいきなりで、かなりびびる。ホラーか。
道いろいろ教えてくれて結局ええやつやった。
よくあるあるのやつ。


で最後に、ちっさい観光客向けの村寄ってみた。
おっさんに呼ばれて、行ったらいきなり
音楽とダンス始まった。

あーーーこれって金取られるやつやーんって
日本語でずっと言うてたけど、
結局最後払わんくても怒られんかった。
毎日ここに10人くらいしか観光客こんらしい。
なんて悲しい現実。
ジンバブエはヴィクトリアフォールズだけだと
思ってた、ここに来るまでは。
道もけっこう悪くて歩くのもしんどいけど、
でもグレートジンバブエは絶対に来る価値あると
私は断言できる!
レセプションのおっちゃんと、
警備のおばちゃんと
長々おしゃべりして、60歳になったらまた私
ここに来るねって言うといた。
そしたらおっちゃんが、
「きっと君が60になったら、君は孫の世話をしないといけないから、お金がなくなって来れない、だから40くらいで来なさい」って
なんてリアルな返しをしてくるんや。
帰りの道端でヒッチハイク待ってるときに
土産物売ってるおばちゃん集団に絡まれ、
お金ないから何も買えない言うたら、
この携帯とトレードで1個好きなのあげるって、
わしの携帯の価値$1かい。
ポータブル充電器持ってる?って聞かれたから
見せたら、これとトレードで
好きなの持ってっていいよって、
だからわしの充電器も$1かい。
その後も会話の要所要所で、
ポータブル充電器くれって
言うてきて、なんかもう暑さにやられて
笑えてきた。
でもヒッチハイクの車見つけれたときは
みんな笑顔で見送ってくれる。


結局ヒッチハイクでファミリー捕まえて
マシンゴまで無事帰還。
グレートジンバブエ往復$4で済んだ、ラッキー。
マシンゴ戻って30分くらい並んでATMでお金引き出せた。
5個くらいATMあんのに、
お金が入ってるATMは1個だけなんて
ありえんやろ、、、。
マシンゴ着いた時と同じとこから
ブラワヨに戻るバスも出てたため乗車。
2つバスあって、お互いの戦がすごい。
「このバスはブラワヨには行かないよ!こいつら嘘ついてるから!」っておばちゃんが怒鳴ってて、
でもバスのフロントガラスにブラワヨって
書いてたし、乗客に聞いたら
ブラワヨ行くって言うからそれに
乗ったらまさかのブラワヨまで行かず
途中でバス乗り換え。
あのおばはんが合ってたなんて
誰が信じたでしょう。ミラコー。
しかもバス行きよりはるかに汚くて、
足元にトウモロコシとバナナの皮だらけで、
椅子と椅子の隙間にも食べかけのトウモロコシが
詰められていた。
器用なことをするやつがいるもんだ。
なぜせめて窓から投げて
動物のえさにしてやらなかったのか、、、。

いつも通り知らん兄ちゃんと記念撮影。
途中知らん街で乗り換えてブラワヨ無事到着。
帰りは$7.5ですんだ。
結局いろいろ探してみたけど、
宿は2日前に泊まった
「Choice guesthouse」へ。
タクシー見つからんくて結局ガソスタから
出ようとしてた兄ちゃん2人組をヒッチハイク。
タクシーと同じ値段払う言うたらイエッサー!!
みたいにノリノリで運転してくれた。$2の重さ。
そらビール2本買えるもんね、
わしでもウキウキで運転するわ。
ってことで落ち着くこの宿で1泊して、
明日は早朝6:00発でヴィクトリアフォールズへ。



世界一周にポチお願いします!




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。