*小さな巨人*world journey*

アジア放浪後、オセアニアへ。大好きなNZで2ヶ月の語学留学を終え、ついにアフリカ旅が幕を開ける!

148cm、小さな巨人が世界一周。
なーす辞めて弾丸1年‎。現在オセアニア~
2017-06-04-
India→Malaysia→Singapore→China→Mongol→China→Laos→Thailand→Myanmar→Srilanka→NZ→AUS→NZ(語学留学)→Namibia→Botswana→Zimbabwe

1/6*Botswana*ボツワナ→ジンバブエ国境越え!

今日も早朝起床。
最近早朝起床→移動→ツアー参加→
早朝起床→移動、、、の流れが定着してきた。
ロッジの人にナタのガソスタまで送ってもらって、
ボツワナの第2の都市、フランシスタウン行きの
バンに乗り換える。


上手いこと30分くらい待つだけで
出発してよかった。
ガソスタのトイレ、コイン入れな入れんようになってて、入れたのにドアあかんくて、
もう1回入れたけどやっぱりあかんくて、
このクソ野郎がってなって
ガソスタの裏でトイレした。
いやこんだけボツワナに貢いだら、外でしたって
いいだろう、いいはずだ!
てかドア開けてくれよ!



バン、私の座ってる列だけなぜがすし詰め状態で、
ケツ汗がはんぱなかった。
なぜ私たちの列だけ、、、

前のゴリゴリの若者の列ガラッガラやん。
しかも1人の若者がDWの時計してて、二度見してしまったがために、目が合ってそこから怖くて
話しかけれなくなってしまった。
だってベルトの柄がイタリアの国旗みたいな
カラーやってんもん、
あれ肌黒いと似合わんでしょ~。
偏見じゃなくてただの私の感想。
君にはもっとかっこいいベルトが似合うよ!
って言いたかった。



ケツ汗ビショビショで隣の少年と写真撮って
遊んで、3時間くらいでフランシスタウン到着。


ボツワナのボーダー超えるバンも人に聞いたら
すぐ発見できる。
出発30分後って言われたから
急いで近くのケンタ行って、トイレなかったから
こっそりスタッフ用の部屋のトイレ行って
出た瞬間にスタッフに会って、こら!みたいな
こと言われたから、私の持って生まれたチャーミングさで上手いこと掻い潜って、バンに戻る。


ボーダーまでは1時間ちょい。
がしかし、イミグレに長蛇の列。

アジア人はどっからどーみても私のみ。
何十人ものアフリカ人のくそでかい体格に
押しつぶされながらイミグレに並ぶ。
途中からおじさんのおっぱいにずっと
頭突きしてた。
優しいおじさん2人が私の前後に立って
並んでくれて無事にイミグレ終了。

同じバンに乗って、ジンバブエ側のイミグレへ。
ビザに$30払ってジンバブエ入国。

ブラワヨ行きのバンないか警察っぽい人に
聞いたけどなんかなさそうで、
ヒッチハイクするわって言うたら、一緒に
車が集まるとこまで来てくれた。

25歳で独り身って言うたら、ぎょえええええ?!みたいなリアクションされた。
いやいや、やめてよ。
自分でも気づき出してるから、、、
25で独り身の危うさ。
こっちやったら16歳でみんな結婚するよって
言われたから、それhigh school student
やからな!って言うといた。
まぁ文化の違いやな。



んでもって、彼らは日本を知らんかった。
日本って世界中に知られてると思ってたけど、
知らん人もおるんやなと。
君らが日本来たらたぶん宇宙にたどり着いた、
くらいに興奮してびっくりするだろうね。
鼻水とまんないよ、きっと。
とりあえず新幹線と東京タワーくらいは
みせてあげたいと思ったよ。
で彼らの友達的な人にそこで出会って
その兄ちゃんもブラワヨ住んでるらしく
車乗っけてくれた。

この運転手がまたまたどっかネジ外れてて


途中の道端で、おそらく100%地元民しか
行かないであろう、地元のおばちゃん達が
やってるご飯屋さんに立ち寄られる。(強制)

直に火でお肉やいて、たぶんこの国の主食っぽい
白い何かを練ったやつを作るおばちゃん達。

このクソ暑い中、1日中こーやって
作ってるらしい。まじすごい、皮膚。

出来上がったのが、「パパ」。
作ったのはママたち。
白い練ったやつを手で丸めて、オカズと
一緒に食べる。
白いやつは味ないけど、
オカズがちゃんと味するから美味い!


みんなで手で食べる。ひとつ$2らしい。
からの、水飲むか?って聞かれて、
うんって言うたら数分後にやってきたのは
大量のビール。
運転しながらエンドレスで飲みまくる輩たち。
私もいただく(強制)


記念撮影だ!的なやつで、なんもないとこで
車止めて記念撮影(強制)


なんか私も楽しくなってきてバシバシ写メる。

なんだこれ。
気づけばみんなでビール飲んでた。
やっとこせ、一時間ちょいでブラワヨ着いたと
思ったら、みんなを順番に降ろしながら
やから、なかなか私降ろしてもらえず、
挙句の果てに車路駐して、運転手は友達んとこ
行ってもーて、もう1人の兄ちゃんはその間私に、ボツワナの医療と医療ビジネスに
ついて熱く語る始末。ナニコレ。
早く宿に連れてってくれ!!!
私にボツワナの命を託さないでくれ!


なにはともあれ宿まで送り届けてくれて、
結局はいいやつだったのだろう。
ご飯代とヒッチハイク代はちゃんと払ったけど、
彼らの乗ってた車が日本車で、
200円落ちてたから、貰った。
やから$6(ご飯代込み)払ったけど、結局$4で
すんでラッキーってことにしとこうと思う。


アフリカの人たちほんまにゆっっっくり
してるから、こっちも焦ったら終わりだと
悟った今日このごろ。



世界一周にポチお願いします!


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。