*小さな巨人*world journey*

アジア→オセアニア→NZ留学→アフリカ→ヨーロッパ。最後の大陸、南米START!

148cm、小さな巨人が世界一周。
なーす辞めて弾丸1年‎。
2017-06-04-
India→Malaysia→Singapore→China→Mongol→China→Laos→Thailand→Myanmar→Srilanka→NZ→AUS→NZ(語学留学)→Namibia→Botswana→Zimbabwe→Terky→Egypt→Morocco→France→Germany→Iceland→Spain→Ecuador

1/3*Namibia*歴史に残る1日、私的に。ナミビア→ボツワナ陸路移動

ナミビアで20個は蚊に刺された。
クリーム塗ってるけどなんの意味もない。
インドの虫除けクリームはもはや
保湿剤としての役目を果たして、本職放棄中。



早起きして6:30にチェックアウト。
今日の目的はボツワナのマウンに行くこと。



ウィントフック(ナミビア)~ボーダー
→ヒッチハイクのみ
ボーダー~マウン→バスがある時はある、
なければヒッチハイク。
アフリカでヒッチハイクとか、もはや
世界一周の本領発揮、自分の殻を破るための
挑戦なのである、私的に。


とりあえず宿の近くのおっきいモールの奥に
あるバスターミナルにいってみて、
シェアタクシーがあればそれでボーダーに
行こうと試みた。
できるだけヒッチハイクはしたくない、
だってチキンだもの、私、誰よりも。


バスターミナルで何台かバンが止まってて、
そこのおじさんにボーダー行きたいって
言うたら誰かに電話してくれて、
今からどこどこにタクシーで行って、
そこからバンが出てるって、最高の思し召し!
こんなにトントン拍子に国境まで行けていいのか
2018年、私に運気キターーーーーーー
って思ったけど、そんな事は上手くいくはずも
なく、、、、

バンが集まる場所までタクシーで移動して、
タクのおっちゃんが、
国境行くバン探してくれた。

そのバンはウィントフックから南アの
ヨハネスブルグ行きで、途中でボーダー通るから
降ろしてくれるらしい。
さぁ出発だ、、、
っていつになっても出発しない。
運転手に聞いたら、あと2人学生が来ないと
出発しないとか言い出した。
何時に来るか聞いても、大丈夫大丈夫、
心配ないさ、寝ててもいいから、とか
ほざき出して、いやいやウィントフックから
マウンまでみんな9時間くらいかかってるねんで
やから私こんな早朝に出発したのに。
すでにバンの中で待つこと3時間弱。
時間は刻刻と過ぎていく。
しまいにはおっさん、
「今日の夜にボーダーついて、
明日の朝にマウンだね」とか言い出すしまつ。
何抜かしとんねん、わしは今晩にマウンに
着かないとダメで、すでに宿とっとるんじゃい。
みたいなことを言うて、他の乗客の
女の子2人組もいつヨハネスブルグに着くんか
気になってイライラしてて、そしたら最終的に
運転手のおっさんがおかしなって、
「I'm sick today!!!」とか言うて、
どっか行ってもーて、挙句の果てに
向こうの方でゆで卵食べ始めた。ナニコレ。
生理前やったらほんまにフルボッコしたい。


もう我慢の限界きて、おっさんに待てへん言うて
鞄持って逃げる。
前におったタク捕まえて、シティの端に
行ってもらうように頼む。
端まで行ったらそこからヒッチハイクして
ボーダー行くつもりで。
向かってる途中に、車の後ろにBWってシール
貼ってる車を2台発見。
これボツワナのBWらしい。
それみた瞬間2人でクラクション鳴らしまくって、
窓全開で車隣につけながら走り続けて、
「私ボツワナ行くから乗っけてーーーー!!」って発狂したらこうなった。

まさかのこの人たち車5台、総勢10数人で
旅行してる若者団体やった。爆笑。
タクのおっさんには、タク代とは別に
ヒッチハイクしてあげた代みたいなの要求された
悔しいけど、いやもうしゃーない、乗れたもの。



この若者たち、かなり面白くて、
みんなカップルらしいけど、
いきなり大人の話ぶっ込まれて、
いつも大人の話が大好きな私でさえ、やや
引いてしまった。
アフリカの女性は彼氏、旦那が同じ車に
乗ってても普通にそーゆー話をくい込んでくる。
まぁ酒ガンガン飲んでるからしゃーないか。
私が乗った車は、男2人が運転と助手席で
飲むのは水のみ。
後ろで彼女、嫁はガンガン酒飲んで、
パーリーピーポー。
どの国も女が強い方が上手くいくって悟った瞬間


最後には日本に行ったら
白人のイケメン紹介してって言われたから、
Of course!って言うといた。
みんなヒッチハイクする時はお金払ってるて
ブログに書いてたから、払おうとしたら
「そんなのいらないよ!」って言われて
みんな優しすぎてびっくらこいた。
でもナミビアドル残ってて、
もったいなかったからN$80だけ渡しといた。
ボーダーまでにかかったお金は
タクシー2回+
ヒッチハイク一緒にしてあげた代(タクのおやじ)+
ホントのヒッチハイク代=N$140
普通にヒッチハイクしたらN$200らしいから、
すんごい時間かかったけど安く済んだ。
途中スーパー寄ったから、スプライト持って
レジ並んでたら、前にいたお金持ちの
おじいちゃんが私の分も一緒に買ってくれた。
どんだけ私はひもじくみえるのだろうか。

ありがとうおじいちゃん、がぶ飲みで完飲したよ


10:30頃ウィントフックを出発して休憩しながら
14:00頃イミグレ到着。
ここでもみんながイミグレ一緒に
手伝ってくれた。

マムノのイミグレはスーパーちっさい。
最後の最後に車の中チェックされて、
私のリンゴがおだぶつに。
生ものは持ち込み禁止か、陸路でも。
同じ車の女の子が、
「日本に行く時リンゴ持っていくね!」って、
関西人みたいなノリしてきてびびった。



イミグレの後のガソスタでみんなでお昼ご飯。
10数人のアフリカ人に囲まれてベンチで
弁当食べる私。傍からみたら確実にリンチだな。

しかも弁当一緒に食べさしてくれる始末。
この人たちの優しさは一体全体なんなんだ。
途中から私の呼び名が「MAHO」から「MOHO」になったけど、私はMOHOになろうと
決意した。
修正するなんて申し訳なくてできまへん!
結局イミグレの後からはマウン行きのバス
あったのかなかったのかよく分からず、
彼らが乗せてくれるとこまで乗ってみようと。
もし宿間に合わなくても、なんかこの人たちと
一緒にいれる方が楽しいしいいやって
思ってしまった。

ってこの記事書いてるけど、車の中はみんな
爆睡中。飯のあとは眠くなる。
アフリカ人も一緒だった。
黒人は危ないって日本でみんな言ってるけど、
白人でも黒人でも危ない人は危ないし、
優しい人は優しい。
少なくともこの10人のアフリカ人たちは
私を送り届けるためにみんなで話してくれて、
あんまり聞いてて英語は分からんけど、
その気持ちはとてつもなくありがたい訳で。
結局お互いの分かれ道で降ろされたけど、
私が車見つけるまでみんなで車から椅子だして
きて、座って待っててくれた、
1人じゃないヒッチハイクの安心感よ。
途中のハンツェまでは民族の人たちに
混ざれたから無料やったけど、
最後マウンまではきっちり金とられて、
バスでマウンからボーダーのマムノまで行くのと
値段さほど変わらんかったことへの悲しみ。

今回で分かったことは、たぶん
ボツワナ→ナミビア移動の方がよっぽどしやすい
とゆーこと、それのみですね。
もう疲れ果ててクタクタっす。
クタクタで思考回路回ってなくて、
タクシーたった2km弱で20プラ(160円)
払ったことだけが、鬼くそ悔しい。
そして私そいつに満面の笑みでGood bye言うてた
ことがほんまに屈辱。
160円、あと2日は引きずるだろう。
夜中0時にマウンの宿到着。
虫えげつない上に、オカバンゴのツアーも
なさそうやったから朝には移動っすね、
つっっっっっかれたー!




世界一周にポチお願いします!

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。