*小さな巨人*world journey*

アジア→オセアニア→NZ留学→アフリカ→ヨーロッパ。最後の大陸、南米START!

148cm、小さな巨人が世界一周。
なーす辞めて弾丸1年‎。
2017-06-04-
India→Malaysia→Singapore→China→Mongol→China→Laos→Thailand→Myanmar→Srilanka→NZ→AUS→NZ(語学留学)→Namibia→Botswana→Zimbabwe→Terky→Egypt→Morocco→France→Germany→Iceland→Spain→Ecuador

12/30~31*Namibia*デッドフレイinナミブ砂漠そして年越し

2日目


朝方3:00am起床。結局車の中で3時間だけ
ご就寝したものの、蚊にさされて痒くて起床。

月がなくなって星空が格段に美しくなる。

綺麗に撮れて喜んでたらついにカメラが潰れた。
まゆみが言ってた、この3年間あんたは
いいことないって。当たってる~。
早く年越して~。
ってことで5:00にゲートが開くのを待って、
ソススフレイに出発だ。

ソススフレイまでは1時間弱。
その後からは4WDに乗り換えてデッドフレイまで
N$170/per、高いなぁ。
どんだけ飛び跳ねるねんってくらい
ガタガタの道を跳ねまくって飛んで、
頭はギリギリ強打することなく到着。

朝の砂漠も綺麗、そして砂が冷たくて気持ちいい

歩いて歩いて、まぁ1kmくらいだけ。
見えてきたー、デッドフレイ。
何百年前かには水があったのか?なかったのか?
よく分からんがここがみんなが1番来たい場所
らしい。
私的には木がいっぱい立ってた丸い土地って
感じだったけど、木が腐らないのはすごいと
思ったな~。
たぶん風も全然吹かんくて、微生物もいないから
やから木がこのまま残ってるのかもしれないと
私はアセスメントした。
これ持って帰ったら売れるんかな~
禅とかすぐ爪とぎするやろな~。


カメラぶっ壊れて、かなりすごい景色なのに
携帯撮影って泣ける~。

後ろにみんなの靴で作ったカタカナの
「ナミブ」は一切写ってない。

砂漠でサボテン、これは全国民が羨ましがる
やつでしょーね。

みんないい歳して、こんなポーズしてくれて
ありがたい。
精神年齢低めの公務員が集まってくれて
私は嬉しいです!

ってことで次のビーチ沿いの街、
「スワコップムント」まで出発。
後部座席に少しだけ快適な旅をと思い、
5分だけ前に2人座ってはみたものの、
窮屈極まりないため即終了。
もっとイケメンの27歳くらいやったら、
是が非でもくっついてたんだけどね~。

って思ったらパンクした。
1日でタイヤが死ぬってどんな道やねん。
ナミブって車の死亡事故世界一らしい。
なにはともあれパンクはこの1回きり。

サービスエリアで有名なアップルパイをみんなで
食べて、アイス乗せてって言うたら機械
壊れてるって、限界の嘘つかれた。
スワコップムント到着。
何もないけど、初めて大西洋をみて感動。


宿が取れてなくて、みんなで何個も宿回って
最終的に泊まれたのは夜の10時くらい。
3時間しか寝てなかったから私もう
眼球どっかに飛んでってた。
みんなでごはん作ってビール飲んでおやすみ!
部屋なくて私は咲子さんとドミトリーの
ベッドを2人でシェアして寝るってなんやねん!
咲子さんも私もちっさいから余裕で寝れた。



3日目


ウィントフックまで3時間飛ばして飛ばして
ついにナミブ砂漠から帰還。
オットセイ大量発生のケープクロスは
みんな眠過ぎて、諦め~。
ウィントフック帰ってきて、まゆちゃん、
岡田さん、咲子さんのケープタウン行きの
飛行機の時間までレストランで海鮮。
うはうは、美味しかった、ここは通いたい。

このお店どこにあるのかとゆーと、

この隕石の前、以上。
Ocean basketって名前らしい。
3人と涙のお別れをして、
おじいとしょーくんでまたカメレオン戻って

ごはん作って~

年越しの晩ご飯!


からのウィントフックのNew Year コンサートに
おじいと参戦。
しょーくんは予定通り寝ててLINE電話の
応答なし。

思ったより盛大でびっくり。

花火もバンバン上がって、年越し花火って
こんなに大ありだったなんて。
NZのみんな、花火が上がるのは君たちだけ
じゃないぞ!
アフリカだって花火上がるんだぞ!

0時過ぎたらそっこう祭りも終わって帰宅。
危ない街やけど楽しかった~。


世界一周にポチお願いします!


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。